通販ののぼり旗はどんなお店に向いている?

焼き立てで油と肉汁が跳ねているような、美味しそうなステーキなどの
料理の良さをアピールするために、のぼり旗の通販サイトを活用する事ができます。

旗のデザインにイラストを取り入れるだけでなく、写真などもプリントできるようになっているので、
ステーキなどの料理の写真をそのまま掲載する事も可能です。

肉汁が表面に染み出ているような、美味しそうに焼け上がったステーキの写真を
旗にプリントするだけで、店先のお客さんの視線を奪えることでしょう。

そんな見た目で美味しそうに感じさせやすい、ステーキ店などは旗を掲げるのに
向いているお店だと言えます。

他の飲食店でも、肌寒い冬場には湯気が出た料理の写真を旗にプリントして、
この料理で温まってほしいというメッセージをお客さんに伝える事が可能です。

のぼり旗の通販では写真の画質を高める方法や、理想的な撮影方法などの
アドバイスもくれるので、素人でも宣伝向きの旗を作り上げるのは難しくありません。

車でご飯屋を探すのに道路沿いののぼりが役立つ

貼り紙やボードなど、宣伝アイテムと言うのは、お店の雰囲気や場所によって色々な物がありますが、
車の往来が多いような道路沿いのお店にとって欠かすことができないアイテムがのぼりです。

いくつものお店が並ぶ通りの場合、お店選びに悩む時があります。
車に乗りながらお店を探すと言うのは面倒な時もありますが、
運転と言う集中した行動を取っているドライバーに対して負担をかけず、
一瞬でわかりやすくお店の魅力を伝えることができるのぼりの存在は、
お店にとってもドライバーにとっても便利で役立つものです。

ご飯屋さんののぼりであれば、ワンコインというお得な料金、おかわり無料と言う
嬉しいサービス、食べ放題のお店であれば時間無制限などの
魅力的な情報を伝えるなど、色々と考えられます。

このように、のぼりという宣伝に使うアイテム、そしてその内容を工夫すると言う
細かな部分が他のお店と差をつけることになり、集客効果へとつながっていくことがあります。

ノベルティとしてののぼり旗の活用方法

まず、のぼり旗というのはお店のアイキャッチとして活用できます。

ノベルティとしてののぼり旗はお店の看板みたいなものなので、たまたまお店の前を通りかかった人だとしてもどのようなお店なのか、どのような商品を取り扱っているのかを簡単に知ることができるということがメリットです。

のぼりは非常に安くて簡単に導入することができ、看板メニューを目立たせることができます。また、お店の前だけではなく駐車場に設置しても良く、背景の色を考えることでより目立つものを作ることができます。

その他にもメニューやお店についてだけではなく、イベントについてもアピールすることができます。曜日や月に応じてイベントやセールを行っている場合はそうしたアピールにもなるので良いです。

もう一つのメリットは簡単に設置して簡単に外すことができる部分です。

さらにオリジナルのデザインを作成することも可能なのでより個性を発揮することもできることが特徴です。

のぼり旗の収納はどうしたらよい?

布で作られていることが多いのぼり旗は、洋服と同じように折りたたんで収納してしまえば折った部分に折りしわがついてしまいます。

次回使用する際に畳んだ跡があるのは非常に格好が悪いものであり、使用前にわざわざアイロンを掛けなければならなくなります。
アイロンという手間を省くためにも、収納をする際には一工夫が必要です。

のぼり旗の幅に合わせたサイズの筒を用意し、その上に巻き付けていくという方法も効果的です。

ただし、のぼり旗のサイズによってはちょうどいい長さの筒が見当たらないということもあるでしょう。
その場合には、模造紙や新聞紙などの紙の上に乗せたまま一緒に巻いていくという方法もあります。

紙は薄手なので芯にはなりにくいものですが、重ねていくことで強度が出てきます。
また、保管の際には丸めたのぼり旗が押しつぶされないような場所に置くことも重要です。
立てかけておけば場所も取らないので収納に手間取ることもありません。

のぼり旗をミシンで自作するには

のぼり旗は自宅で簡単に作ることができます。
デザインを描いてからカットするか、旗に仕上げてから描くかは自由です。

最初に使用するポールのサイズに合っているか、バランスを考えながらデザインしていきましょう。
旗に直に描く場合は布用の専用ペンを、アイロンプリントを利用する場合は中央がずれないように転写し、文字やイラストを入れていきます。
布はコットンやポリエステルなどが一般的ですが、使用するペンやアイロンプリントの注意書きを熟読し、相性を考えながら商品を選びましょう。
伸縮の少ない生地がおすすめです。家庭用ミシンで縫うならあまり厚手のものはおすすめしません。

縫いしろを取ってカットしたら三つ折りにしてミシンで縫います。
三巻押さえ専用のアタッチメントがあると便利です。

無い場合は待ち針を打ってしつけをしたり、アイロンをかけたりして歪まないようにします。のぼり旗は大きいものなのでズレが生じやすく、丁寧な下準備が大切です。
いきなり縫い始めるのではなく余り布などで練習してみると良いでしょう。

チチは共布で作ってもよいですが、面ファスナーを使用すると取り外しが簡単です。
自作なら見た目に美しい袋縫いにチャレンジしてみても良いでしょう。

のぼり旗のクリーニングをするには?

汚れたのぼり旗を洗う時は丁寧に扱う必要があります。
インクによっては摩擦に弱く、洗濯機で乱暴に回したり、クリーニングに出すと落ちてしまうことがあります。

デリケートなのぼり旗を専門に扱っているクリーニング店もありますが、自分で洗う場合は断然手洗いがおすすめです。

まず最初に表面の埃をブラシなどを使って丁寧に落としましょう。
それから清潔なタオルなどを水に浸し、表面を軽く拭きます。
生地によってはこれだけで十分に汚れが落ちることがあります。

シミがある場合は中性洗剤をタオルに含ませて軽く叩き洗いをしておきます。
シミが取れたらたっぷりの水に規定の量の中性洗剤を入れて溶かしたもので全体を洗います。

水温が高すぎると生地に影響が出ることがあるので、基本的には水を使用し、洗剤が溶けにくい場合は少量の湯で溶かした後水に混ぜて使います。
生地同士を強くすり合わせたりすると傷みの原因となりますので、優しく押し洗いをします。

充分にすすいだ後はそのまま干すか、脱水にかける場合は乾いたバスタオルと共にたたんで洗濯ネットに入れ、長くても30秒程度にとどめます。干すときは形を整え、シワをよく伸ばしておきましょう。
最後に当て布をして低温でアイロンをかければ綺麗に仕上がります。