のぼり旗の寿命を延ばすには

のぼり旗は紫外線や排ガス、風雨にさらされることで
どうしても劣化してしまいます。
取扱い方のコツを覚えて長持ちさせましょう。代わりになるもの

屋外で使用する場合、耐久性や耐水性に優れた
厚手の化学繊維素材がおすすめです。
設置場所はなるべく人の手に触れない場所が望ましく、
生地が傷む原因となる直射日光が当たる場所を
避けた方が長持ちします。

強風であおられると生地に負担がかかり破れや
ほつれが起こるので、天候が悪くなったら速やかに
片づけるようにし、濡れたら防カビのために
きちんと乾かしましょう。

良さのアピールまた、夜間や休日に屋内にしまうだけでも持ちが
違いますので、面倒でもこまめにしまう方が良いでしょう。
季節限定ののぼりなどを長期間しまっておく場合は、
きちんと洗いよく乾かして丸めて保存します。
乾燥剤や防虫剤を使うとより安心です。

のぼり旗の寿命は使用環境によって左右されるため
一概には言えませんが、あまりに色褪せや汚れのある
のぼり旗を使用し続けるのはあまりいい印象を与えません。

消耗品と割り切り、適当なところで交換しましょう。